【キャンプ場レビュー】鳥取県・緑水湖オートキャンプ場(2018.8)

キャンプ場レビュー

こんにちは、キャンプ初心者オヤジのMORI(@umezcamp)です!

2018年8月14日~15日、地元鳥取県にある「緑水湖オートキャンプ場」に行ってきました。

我が家としては第二回目のファミリーキャンプです。

一区画10平方メートルのオートサイトが全部で23区画、中心の広場を囲むように配置されていますが、全体的にこじんまりとしたキャンプ場です。

きれいに整備された、素晴らしいキャンプ場でしたよ!

スポンサーリンク

緑水湖オートキャンプ場をざっくりレビュー

区画と設備の配置図

上でも書いたとおりこのキャンプ場は、ひと区画10m×10mで、全部で25区画(現在は23区画で運営中とのこと)。

中心の広場を、施設内道路とオートサイトで囲むような形です。

ちなみに今回僕たち家族が利用した区画は、オレンジ色で塗ってある20番サイト。周りの4番・11番・12番・13番・19番は空きでした。

11番・12番・13番の方向が緑水湖です。

1~4番はキャンピングカーエリア。あとは全てオートサイトエリアです。

中央の広場は特になんもありません。だだっ広い芝生です。

子どもたちは虫アミ持って走り回ってました。バッタやトンボ追っかけて^^

トイレ・シャワーは一箇所

トイレは管理棟横の一箇所のみです。

僕たちはトイレからわりと遠い区画でしたが、真ん中の広場を歩いて行けるのでそんなに遠くありません。60~70mくらいかな?歩くのは苦ではありませんでした。

中は綺麗!

都合により男子トイレしかレビューできませんが、充分に数もあり、清潔でしたよ!

シャワールームもトイレの隣にありました。

僕らは後述する温泉施設に出掛けたのでシャワールームは利用しませんでしたが、10分300円の温水シャワーがあります。

管理棟はじっくり見学できず

チェックインのため管理棟に入ると、すぐのところの窓口があり、管理人さんがいらっしゃいます。

チェックインを終えると、サイト内に設置されている電源BOXを開けるための鍵を渡してくれました。

レンタル品などはどんな感じかな~?なんかおもろそうなものあるかな~?と、管理等の中をぶらぶらしようとしたのですが、管理人さんの「なにか御用ですか?」的な視線が強かったので、じっくり見学することはできませんでしたw

公式サイトを見ると、テントやタープ、シュラフにコッヘルのような、基本的な道具はレンタルできるようです。

そうそう、チェックイン時にゴミの引取をどうするか訊いてくれるので、ここで引取をお願いするとチェックアウト時に引き取ってくれますよ。

燃える・燃えないの分別をして袋に入れて、500円で引き取っていただけます。

緑水園で温泉に入れる!

キャンプ場から北(米子市方面)に少し戻った場所に、緑水園という施設があります。

宴会や宿泊のできる施設なんですが、緑水湖オートキャンプ場の利用客も、この施設内の温泉を利用することができます。(一人300円)

サイト設営後、汗でびっしょりだったので家族でお風呂に入りにいきましたが、めっちゃ気持ちよかった~!貸し切りだったしw

けどまぁ大きさ等、特に特筆することもなく、普通の温泉でした。

スポンサーリンク

緑水湖オートキャンプ場のここが良かった!

サイト内の施設が完璧に揃っている

このキャンプ場の優れているところとして、一区画内に、「電源BOX・かまど・炊事場」という便利な施設が全て揃っていること。

僕らの利用させていただいた区画はこんな形になってました。

他の区画がどうなってるのかマジマジと見ていませんが、この3施設は全ての区画に配置されています。

電源ボックス完備ってのが素晴らしい!

キャンプ場によってはAC電源有り無しで、サイト毎に料金が変わるところも沢山ありますが、ここは全てのサイトに完備されてます。

炊事場が付いてるのも超便利!

汚れた食器やクッカー持って、トコトコ歩いて炊事場に向かう必要がない。ちょっと腰を上げたらすぐに水が使えちゃいますw

薪が無料で貰えるので焚き火し放題

キャンプ場駐車場の隅っこに、膨大な量の薪が積んであります。

事前にネットで調べたところ、この薪は無料で使ってよいという記事を見かけたので、早速管理人さんに訊ねてみたんです。「使っていいですか?」って。

すると快く、というか「もう全部燃やしちゃって!」と快諾w

管理人さん曰く、ここに固めてある薪はあまり状態のいいものではないとのこと。

確かに触った感じカスッカスで、ボロボロともげるような状態の薪がほとんどでした。

その中でもなるべく状態の良いものを探し焚き火をしましたが、しっかりと楽しめましたよ!

夕食のメニューは、焚き火&ダッチオーブンを使った「ブイヤベース」だったんですが、上手に煮炊きもできました。

緑水湖オートキャンプ場の悪かった点は?

レイアウトの自由度が無い

「悪かった点」では正直無いです。良かった点でもあるので個人的な好みの問題であると思うのですが、サイト内に「電源BOX・かまど・炊事場」がしっかりと固定されているから、レイアウトの自由度が無いという点が、僕的には少しだけ気になりました。

生意気言ってサーセンw

上の、良かった点で貼ってある画像を見ていただけるとわかるのですが、テントやタープ、テーブルの位置が自然と決まっちゃいますよね?コレ。

キャンプ経験が未熟なのでまだ他のキャンプ場の作りがよくわかってないのですが、オートサイトってこんな感じなのかなぁ?

もっとこう、方角や風向きを考えて、妻と「テントはここで出入り口はこっち向けたほうがいいよなぁ?」「タープはこの向きでいいかな?」なんて悩みながらレイアウトを考えるのも楽しい時間だと思ってるのでw

緑水湖は見えない

すぐ近くに緑水湖という湖があるので「緑水湖オートキャンプ場」という名前なのですが、正直言って、キャンプ場から緑水湖は見えません。

国道から脇道に入り、坂を登ったところにこのキャンプ場はあるのですが、緑水湖はその国道を挟んで反対側に広がります。

なので、湖の畔を気軽に散歩できる感じではないです。

まぁこれも特に「悪い点」ではないのですが、もし湖というものに期待してこのキャンプ場を選ぶのであれば、その期待はちと外れてしまうかもしれませんって感じで。

【まとめ】MORI的総合評価

まだキャンプ自体二回目の超初心者キャンパーなわけですが、個人的な総合評価をまとめてみます。

全体的に綺麗に管理されており、整ったキャンプ場でした。トイレも、サイトも。

あと、前回行った岡山県の蒜山高原キャンプ場に比べるとこじんまりとしてて、「大自然!」って感じではないです。

【キャンプ場レビュー】岡山県・休暇村蒜山高原キャンプ場
こんにちは、初心者キャンパーMORI(@umezcamp)です。 先日、念願のファミリーキャンプデビューを果たしました。 僕がキャンプに興味を持ち始続きを読む

けどまぁ、我が鳥取県自体がもう秘境のような大自然なもんで・・・。都会の方からしたら自然を満喫できる場所かもしれませんがw

あ、でも星は綺麗でした!

一生懸命一眼レフで夜空を写そうとしたんですが、僕の低スペックカメラじゃなんも写りませんでした・・・。

【公式サイト】緑水湖オートキャンプ場

我が家の第二回ファミリーキャンプとしては大成功だったので、満足のいくキャンプ場でしたよ^^

ではでは、MORI(@umezcamp)でした。

スポンサーリンク
キャンプ場レビュー
MORIをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
うめきゃん