ソロキャンプ用のテントを選ぶ基準は?軽量コンパクトか快適性か

キャンプ道具紹介

早くソロキャンプに行きたいのに万年金欠病でなかなか道具が揃わないMORI(@umezcamp)です。

テント・シュラフ・マットさえあればとりあえず寝ることだけはできるので、まずはこの3点を揃えたい・・・ということで今日はテントについて調べてみました。

ソロキャンプ用のテントといっても色々とあります。

まずは自分がどのようなスタイルでソロキャンプをしたいかを考える。それによって、どんなテントが一番適しているのかを知ることができるのです。

スタイルごとにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

バイクツーリング用ソロテント

バイクに乗って一人旅。見晴らしの良いお気に入りの場所を見つけてテントを設営し、コーヒー淹れてラーメン作って・・・。憧れます、バイクツーリング。この自由気まま感が最高。

バイクツーリングの場合、本来の目的は「旅」です。だからテントはとりあえず眠れればいいという簡易なモノを選ぶ人が多い。快適性より重量・収納性重視。軽量コンパクトなテントが最適です。

あと、テント設営にいちいち時間をかけたくないのでワンタッチテントがオススメ。ババっとバイクとめてササっとテント組んで、あとはのんびりコーヒーとラーメン。(わりとこの辺り僕の勝手なイメージです。いやなんかバイカーにはラーメン(勿論鍋のまま)が似合うので。)

といってもバイクに載せることができるので登山用よりも重量の許容範囲は広いです。~5Kgくらいでも余裕。ということでこんなテントはいかがでしょうか?

設営もワンタッチなので時間をかけることなく組み立てることができ、重量も2.1キロと軽量です。この軽さなら自転車ツーリングも余裕ですね。

Amazonの「最も参考になったカスタマーレビュー」はコチラ。

amass3

 

スポンサーリンク

登山用ソロテント

本格的に登山を考えているわけではないのでこのジャンルは省略しようと思いましたが、家のすぐ近くにある裏山くらいは登るかもしれないな・・・なんて思い、登山用も少し調べてみました。

登山の場合、寝袋やマット・調理器具に食材にと、沢山の荷物を背負わなければならないので当然軽量でないといけません。そして、変わりやすい山の天気も考慮し、雨風を防げる強さも必要。コチラはツーリング用よりも丈夫であることが求められます。

注目はその軽さ、865gは世界最軽量のテントです。Amazonレビューの代表はコチラ。

amass1

amass2

 

自分に合ったソロキャンプ用テントとは

さて、こうして考えてみると自分のソロキャンプでやりたいスタイルが見えてきます。

僕の場合、移動は車なのでそこまで重量を気にする必要が無いこと。雨風の激しい場所に行くわけではないので(専らキャンプ場か、近所の河原あたりになるかと)、山岳用のような丈夫さもそこまで重視しなくていい。

それよりも快適性ですね。

欲しいのはファミリーキャンプ兼用テント

「ソロキャンプ」なんて言いながら、本音を言うと実は娘たちとファミリーキャンプもしたい!(あー元も子もないこと言うてもーた・・・)

娘二人のうちどちらかを連れて行こうとすると、当然片方も行きたがる → 妻も当然行きたがる → ガチガチのソロ用テントじゃ狭すぎる!となるわけで。

そうなると荷物も増えるので前室も余裕のあるモノが欲しい。靴も増えますからね。

ならファミリーキャンプ用のテント探せよ!って声が聞こえてきそうですが、あくまでもソロキャンプがしたいのです!本来の目的はソロキャンプ!

というわけで今一番僕の希望に合っているであろうテントはコチラ↓

大人二人と幼児二人ならなんとかなりそう。ソロ時はそれはもう広々と使えそう。そんなわけで快適性重視した結果こちらのColeman(コールマン) テント ツーリングドーム/LXを第一候補に挙げました。

コストパフォーマンスと快適性を重視

コストパフォーマンスもよさそうで、お値段も2万yenを切ってます。金欠オヤジに優しい価格!

重量はさすがに5.6Kgと重いです。上記の通り車での移動なのでそこは全くNPですよNP。ノープロブレムです。

あと前室も充分にあるので家族の靴も置けるし、タープを利用すれば雨の日だってここで料理もできちゃうという。あーなんだか気持ちがうずうずしてきた・・・(まだ買っても無いのに)。

ちなみにこちらがAmazonの最も参考になったカスタマーレビュー↓

amass4

amass5

(追記151022)ツーリングドームLXの開封~テント設営レビュー動画

ツーリングドーム/LXの開封~テント設営までの手順を、完璧にレビューされている動画を発見したのでご紹介しておきたいと思います。

初テント!コールマン ツーリングドーム LX開封レビュー
実際にキャンプ場でコールマンのテント使ってみた!ツーリングドーム使用レポート

もう最高です。欲しいテントの紹介をドンピシャでYOUTUBEにアップされてる方がいらっしゃいました。

こちらはTwitterで実は僕もフォローさせていただいてた「福井のカズさん@kazuch0924」という方の動画。2014年10月にアップされてる動画です。めっちゃ詳しくレビューされてます!

(追記/2015.12.26)現在販売期間外の為、購入不可のようです

ちょっとまとまったお小遣いができたので、念願のコイツをポチーーー!!っとしようと思ったんですが、なんと現在は販売期間外ということで、購入できません。販売期間なんてあるんですか・・・知りませんでした。

こちらの商品は只今、在庫がございません。
次回の入荷予定は未定となっております。
販売期間につきましては、メーカーの生産の状況より 随時変更させていただきます。

だそうです。うーん、なんとタイミングの悪い・・・。(Amazonにも楽天にもヤフオクにもありませんでした。)

実店舗を探して歩いてもいいんですが、どうせならもう一度自分に合ったテントを考え直してみようかなぁなんて思いつつ。

 

【まとめ】まずはテントだけでも

その他、スノーピークの「アメニティドームS」も視野に入れてみたんですが、コチラはソロキャンプ用としては少々大きすぎる。これを買うなら今後、子供たちが成長したときにアメニティドームのMを購入したほうがよさそうだと考えました。(その頃には娘たちが付き合ってくれず、本格的にソロキャンプになりそうですが・・・(涙))。

とにかくとりあえずテントとマットとシュラフだけでも手に入れて、まずは近所の野原で日帰りキャンプでもいいからしたいなぁ。ラーメン食って昼寝して、起きたらコーヒー淹れて読書でもしてのんびりしてから帰宅。・・・楽しみすぎる。

【関連記事】食べる方の道具は割と揃ってるんですが・・・。

孤独を愉しむ大人の遊び【ソロキャンプ】は道具選びも愉しみの一つ
ソロキャンプというジャンルをご存知でしょうか。 読んで字の如く、ソロ(独り)でキャンプをすること。 いやいやいやいや、キャンプなんて家族や仲間内でワイワイやるもんだろ。独りでキャンプとか寂しすぎるし哀れすぎるwなんて思ったそこの...

(追記/2015.12.27)ついにテントを購入しましたよ!

アメニティドームS・サイズ考察!ファミリーもソロキャンプもOK?
こんにちは、MORI(@umezcamp)です。 この度ちょこっとですがまとまった臨時収入を得たので、とうとうソロキャンプ用のテントをポチっちゃいました!(ポチっただけでまだ届いてないです。) 購入したテントは、泣く子も黙るアウ...

念願のテントをとうとうポチっちゃいました!テントの広さ、サイズを検証して選んでみましたのでコチラも是非参考にして頂けたら嬉しいです↑

(追記/2016.2.6)ソロキャンプ用テントも購入!

勢いに乗ってソロキャンプ用のテントも購入してしまいました!いろいろと悩みましたが最終的に僕が選んだソロキャンプ用テントはコチラ。

コールマンツーリングドームSTです!

すでに愛娘たちのおままごと会場と化してますが。

これより一回り大きいLXについて上記のとおりまとめていたわけですが、それは、ソロもファミリーも両方一つのテントでまかなってしまおうといった考えがあったから。

ですが一つ上の追記にあるとおり、ファミリー用にスノーピーク・アメニティドームを購入してしまったので、やはりソロはソロ、ファミリーはファミリーと完全にテントを別物にしようと思ったわけです。

二つのテントについてのレビューは、また後日それぞれ書こうと思います。

以上、MORI(@umezcamp)でした。

スポンサーリンク
キャンプ道具紹介
MORIをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
うめきゃん